メニュー

小腸がんはなぜ少ないの?

[2018.06.29]

普段、診察をしていると、ふと疑問に思うことが多々あります。

大腸がんは増えてきているのに、小腸がんって聞いたことないなー。

 なぜでしょうか?

 働きとしては、主に小腸は栄養を吸収し、大腸は水分を吸収します。

小腸は、大腸に比べて免疫機能が高く、がんの原因となりやすい毒物や細菌・ウイルスなどを排除する機能が強いためです。

小腸がんの発症は一年間に10万人中0.4人程度と極めてまれなのもそのためです。

 

小腸は非常に優秀な臓器なのですねー。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME