メニュー

すい臓の病気(膵炎・膵のう胞・すい臓がんなど)

すい臓すい臓は、ホルモンを分泌する内分泌機能と消化酵素である膵液を小腸に送り込む外分泌機能がある器官で、これらに異常をきたすことで、膵炎や、膵のう胞、膵臓がんの病気がおこります。また、糖尿病も内分泌の機能に異常をきたして、血糖値があがる病気です。

膵炎

膵炎とは、何らかの原因で、膵臓に炎症をおこす病気です。重症な場合は死に至るケースもあります。

腹痛、嘔吐などの症状があり、押されると痛みをともないます。また、背部に痛みを伴うケースもあります。

安静、内服、点滴などにより治療となります。

膵のう胞

膵のう胞とは、すい臓にある、液体が溜まっている袋状のもの(のう胞)です。のう胞自体が悪性になったり、のう胞があるとすい臓がんができる可能性も高くなります。

すい臓がん

すい臓がんは、すい臓にできるがんで、早期発見が非常に困難で、進行も早い病気です。すべてのがんの中でも、予後は最も不良です。

喫煙や肥満、糖尿病、遺伝によるものなど、様々な要因で発症すると言われています。

画像検査(腹部超音波)によって発見することができますので、リスクのある方は、ぜひまめに超音波を施行してください!

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME